読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春18きっぷを買ったはいいが・・・

一度だけ使った。都心に行くのに使った。帰り道、別ルートで適当に途中下車しながら帰った。そして、同じ日の夜に用事でまた都心に行くのに使った。これで一回分、使った。

長時間普通列車に乗り続けるよりも、都心に行くくらいの距離でも途中下車を多くすれば、お得になりうると思うが、具体的にどのくらい途中下車をすればいいのか、程度がはっきりと分からない。面倒だから、そんな計算をいちいちしたくないということなのだが。

あと4回あるのだが、どうしよう。来週休みが取れそうなのだが、台風が来ている。天気に左右されてしまう。

連休が取りづらい職場にいる場合の青春18きっぷの使い方、という特集を誰がやってくれないか。連休が取りづらい場合、状況的に青春18きっぷを使うのに無理があるのかもしれないが、なんとか工夫や抜け道のような使い方はないのだろうか。

新幹線で地方まで行き、一泊くらいして、地方交通線に乗るという使い方がある。でもこれなら、週末パスを使う方が便利で快適かもしれない。週末パスのエリア以外で、という条件なら使えるか。

うーん、しかしあと4回。どう使うか…

新幹線の指定席、どこを選ぶか?

新幹線で指定席を取るとき、どの席を選ぶか?

大阪方面に向かって、左に3席、通路、右に2席となっている。

窓側の席の足元には、コンセントがある。よって、コンセントを使いたいときには、窓側を指定したい。

特にコンセントは使うことがないなら、私は、左の3席の通路側を取りたい。左の3席の真ん中の席が空いていれば、ひじ掛けも悠々と使える。脚も組める。当然、真ん中の席に人がいれば、そんなことはできないのだが、右の2席の通路側を取るよりも良い気がする。右の2席の通路を取ると、必ずと言っていいほど隣に人がいることが多かったからだ。

略称のアルファベット

思いつき

子供の頃、何かの略称のアルファベット、例えばNHKなどが気になったものだ。NHK、TBS、TVKYKKTOTO(これは略称じゃないが)、KHK(京急の電車の隅っこに書かれていた)、OER小田急の電車の隅っこに書かれていた)、SSS(ブルーバードに書かれていた)、このくらいしか思い浮かばないので、結構少ない。中学くらいからは、SEXが気になり始めた。

今でも何かの略称のアルファベットは気になるから、特に子供の頃だけではないですね。何を意味しているのか、自然と知りたくなる。

不要レシート入れについて

思いつき

不要レシート入れが、コンビニのレジに置いてある。

いろんな不要レシート入れがあるが、某コンビニの不要レシート入れは、レシートが入れにくい。

おそらく、後で取り出すため、一方向に重ねて入れるようにしているのかもしれないと思っているのだが、どうなのか?取り出したレシートは、データとして、保存するからだろうか?それとも、単に不要なレシートが散らからないようにするためなのか?でも入れにくい不要レシート入れだと、小心者の私は、後に人が並んでいるときには、プレッシャーになって、焦り気味に不要レシート入れに入れることになる。よって、不要レシート入れは、パッと入れやすいよう、ガバガバの方が良いと思う。コンビニなら、そういうの気付くの、得意な気がするが。

そもそもレシートを店員からもらって、すぐに不要レシート入れに入れる行為に、ちょっと抵抗を覚える。なぜ不要なのに、レシートをもらうのだろうか?レシートの内容を詳しく見もしないのに、すぐに不要レシート入れに捨てるという行為は、何の意味があるのだろうか?レシートがいらないならば、レシートをもらう前に、「レシートはいらない」と伝えて、もらわないようにすれば、スッキリする気がする。そういうのを伝え忘れたときのために、不要レシート入れが置いてある…てなわけではないと思うが。

不要レシート入れを置かないで、店員から「レシートはご入用ですか?」と聞くわけにもいかないから、不要レシート入れを置いているように思える。(店員から「レシートはご入用ですか」と聞かれて、不愉快な気分になる客もいるのだろうと思う)

以上を踏まえて改善を申し上げると、レジに不要レシート入れを置くのではなく、コンビニの出入り口あたりに、パッと入れやすい形の不要レシート入れを置いても良いのではないかと思う。出口まで歩いている間に、一応レシートの内容をチェックできる時間ができる。レシートをもらって、内容を見もせず、すぐに不要レシート入れに入れるという変な行為もしないで済む。

ラーメンの食べ方とクソの出し方

思いつき

汚い話で恐縮だが、昨日、中華屋で味噌ラーメンを食べていたときに思いついたことを書かせていただきます。

 

ラーメンを食べるとき、まあ麺類ならほぼそうだが、どんぶりの周りに、よくスープ汁がはねる。上着やメガネやネクタイなんかにも、はねるときがある。

俺は神経質だから、汁がはねる度に箸を置いて、いちいち紙ナプキンで拭く。メガネやネクタイにまで飛んだときなどは、自分で自分にイライラしながら、すぐに拭きにかかる。

よく漫画とかでラーメンを食べる描写で「ズズーッ」と麺をすすりこんでいるシーンがあるが、あんな食べ方をしたら、汁がそこら中にはねてしまうのではないか。

だから俺のラーメンの食べ方は、口に無理なく入る量を、すすりながら食べていく。それでも汁が頻繁に飛ぶのだから、俺は食い方がヘタなのかもしれない。

若い頃はスープ汁がはねることまで気にしていなかったので、おそらくどこかで気付いてから、ずっと気になるようになったのだろう。

 

クソをするときも、腹の具合が悪いとき、出したいがまま勢いよく出すと、便座を超えてクソ片が飛び散ることがあることも、何年か前に気付いた(便座や上着にクソ片がついているのに気づいた)。それから、特に腹の具合の悪いときは、出したいがままで出すことはしなくなった。我慢しながら、すこしずつ出すようになった。音で表すと、「ミリミリミリミリ」という感じだ。

 

こういうのに気づく前は、食い方も出し方も、いちいち気にしなかったから、ある意味幸せだったと思う。

今年の代々木のタイフェスにタカテーンが来ていたのを

タイ

先ほど初めて知った。

もっと情報をサーチしておくべきだった。

タイフェス来てくれないかな、と何年も前から思っていたのだが、

仕事の忙しさにかまけて忘れてしまった。

ちくしょー!

袋の音

思いつき

コンビニやスーパーで商品を入れてくれるビニールの袋があるが

その袋から買った商品を取り出すときに、ガサガサと音が出るが

そのガサガサする音が気になるのである。

自分でガサガサさせるのは特になんとも思わないが、自分以外の他の人が、あの音をさせているのを聞くと、なぜかちょっと心が和むのである。

(故意にガサガサさせている場合は除く)

子供の頃は、スーパーの買い物のとき、ペラペラのビニールの袋ではなく、もっとしっかりした茶色の紙袋をくれた記憶がある。

あの紙袋をガサガサさせているのを聞くのもよく分からないが好きだ。

昔、猫を飼っていたが、そのとき、猫のエサの缶詰をコンコン叩くと、猫がエサをくれると期待して、しっぽを高くして甘えてきたが、そういう条件反射的なものが、ガサガサする音にあるのかもしれない。親がスーパーで何かを買ってきて、台所で袋からガサガサ取り出していた音として、家庭的な安心する音として、刷り込まれているように思えるが、どうなのだろうか。

外国の映画で日本語吹き替えの場合、わざわざ紙袋のガサガサする音の効果音をつけてデフォルメさせて(?)入れているのを見ることがある。袋をガサガサさせる音は、やはり何か心が和む要素があるのだろうか。